"成長軌道を加速させる賢い戦略"

仮想通貨市場規模、シェア、新型コロナウイルス感染症の影響分析、コンポーネント別(ハードウェア、ソフトウェア)、タイプ別(ビットコイン、イーサ、ライトコイン、リップル、イーサクラシック、その他)、エンドユース別(取引、電子商取引、小売) 、ピアツーピア支払い、送金)、および地域予測、2021 ~ 2028 年

最終更新: June 24, 2024 | フォーマット: PDF | 報告-ID: FBI100149

 

重要な市場の洞察

世界の仮想通貨市場規模は、2021 年に 9 億 1,030 万米ドルと評価され、2028 年には 19 億 250 万米ドルに達すると予測されており、2021 年から 2028 年の予測期間中に 11.1% の CAGR を示します。世界市場は、2017 年から 2019 年の前年比成長と比較して、2020 年には 10.0% という大幅な成長を示しました。

世界市場規模には、Kryptex 社の Kryptex マイナー、Cudo Ventures 社の Cudo Miner、NICEHASH Ltd. 社の Nicehas Miner などのいくつかの暗号通貨マイニング ソフトウェアと、Antminer S19、WhatsMiner M30S+、AvalonMiner 1246 などのマイニング ハードウェアが含まれます。とりわけ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な影響は前例のない驚異的なものであり、仮想通貨はパンデミックのさなか、すべての地域でプラスの需要ショックを目の当たりにしています。 CAGR の着実な上昇は、この市場の需要と成長に起因しており、パンデミックが終息するとパンデミック前のレベルに戻ります。

市場の成長を促進する主な要因は、分散型台帳テクノロジーの成長とベンチャー キャピタルへのデジタル投資の増加です。発展途上国は金融交換媒体としてデジタル通貨を使い始めています。ビットコインやライトコインなどのデジタル資産の人気の高まりにより、今後数年間で市場の成長が促進される可能性があります。さらに、デジタル通貨は、分散化と制御された効率的な取引を実現するために、ブロックチェーン技術との統合とともに利用されることもよくあります。ブロックチェーン技術は、分散型、高速、透明性、安全性、信頼性の高いトランザクションを提供します。ブロックチェーンとデジタル通貨のこれらの利点を利用して、企業は暗号通貨に投資し、他の企業と協力して効率的で高品質のサービスをユーザーに提供しています。たとえば、

2018 年 10 月、シンガポールに拠点を置く Qtum Chain Foundation は、アマゾン ウェブ サービス (AWS) 中国と提携して、AWS クラウド上にブロックチェーン システムを展開しました。このコラボレーションは、AWS ユーザーが Amazon Machine Images (AMI) を使用してスマート コントラクトを簡単かつ効率的に開発および公開できるようにすることを目的としていました。

市場関係者によるこのような取り組みは、市場の成長に貢献すると期待されます。

のインフォグラフィック表現 暗号通貨市場

さまざまなセグメントに関する情報を取得するため、 ご質問をお寄せください

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響


新型コロナウイルス感染症の拡大は世界市場にさまざまな影響を及ぼしました

新型コロナウイルスの世界的なパンデミック(新型コロナウイルス感染症)の蔓延に伴い、ビットコインと株式市場の関係は拡大しています。たとえば、2020 年 3 月 12 日に米国の S&P 指数が大幅に下落したことを受けて、ビットコインの価格は 4,000 米ドルを下回りました。新規コインオファリング(ICO)市場の崩壊により、ブロックチェーン企業は現在、主に投資資金の獲得を試みている。新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる経済的影響を軽減するために、Elliptic、Chainalies、CipherTrace などの大手ブロックチェーン企業は、従業員や予算を削減したことを明らかにしています。たとえば、Elliptic は米国と英国で従業員の 30% を解雇しました。 CipherTrace は広告およびマーケティング部門の役割を削減し、Chainaosis は従業員の給与を 10% 削減する計画を発表しました。

コロナウイルスによって引き起こされた制約と経済的問題により、いくつかのトークン販売は投資が行われず、他のトークン販売では生産が遅れています。 2020年にICOBenchが行った最近の調査研究では、1月の最終週から2月の第1週までに企業が行った貢献は、同じ期間において昨年と比較して大幅に減少したことが明らかになりました。さらに、ウイルスの蔓延により、仮想通貨企業は在宅勤務戦略の導入を余儀なくされ、多くのビジネス提携に遅れが生じています。

新型コロナウイルス感染症が経済に及ぼす長期的な影響は予測できませんが、文化や個人の幸福を考慮すると、中央銀行の反応が市場を維持するための理想的な雰囲気を構築するだろうと考えるのは合理的だと思われます。 。ビットコインが従来の市場を上回るパフォーマンスを続ければ、持続可能な代替通貨としての仮想通貨への関心がさらに高まることは間違いありません。

最新トレンド


無料サンプルをリクエストする このレポートの詳細については、こちらをご覧ください。


デジタル通貨の普及拡大は市場に重大な影響を与える

ビットコイン、ライトコイン、イーサなどの仮想通貨またはデジタル通貨の人気が、今後数年間で市場を牽引すると予想されます。先進国の人々は、デジタル通貨が提供する簡単で柔軟な取引方法を採用する可能性があります。交換媒体としての仮想通貨の人気により、中央銀行はデジタル通貨をサポートするようになりました。中央銀行は、多くの先進国におけるデジタル通貨プロジェクトのための中央銀行デジタル通貨(CBDC)活動規定の特許を取得しました。たとえば、タイ銀行とウルグアイ中央銀行は、CBDC 評価プロセスにツールキットを適用しています。東カリブ海中央銀行と中国人民銀行も、交換媒体としてデジタルキャッシュを採用するCBDCを支持しています。 Facebook, Inc. などのいくつかの企業は、デジタルマネーを提供することでビジネスを拡大しています。

たとえば、2019 年 6 月に Facebook, Inc. は Libra というデジタル通貨を発売しました。リブラにより、顧客は物を購入したり、他人に送金したり、オンラインや食料品店でリブラを現金化したりできるようになる。さらに、企業はデジタル通貨価格の変動から恩恵を受け、デジタル資産を強化できます。

推進要因


金融危機の緩和に重点を置き、地域の不安定性が仮想通貨の需要を促進

金融危機は、従来の銀行業務と金融セクターで発生している大きな問題です。金融不安は通貨の価値を下げることで経済を混乱させます。たとえば、インドの ICICI 銀行は 2008 年にリーマンショックに大きく直面し、国の経済に影響を及ぼしました。ビットコインやその他の暗号通貨の場合、その価値は普遍的に均衡しているため、金融危機による大きな影響はありません。仮想通貨は、経済構造が不安定な地域にとって、金融不安に対処するためのより良い選択肢であり、これが市場の主要な推進要因となりつつあります。

仮想通貨市場の爆発的な需要を背景にビットコインの採用が増加

ビットコインは、世界中で最も人気があり、広く採用されているデジタル キャッシュの 1 つです。認知度の高まり、投資家の関心の高まり、規制の支援により、市場の成長はさらに加速しています。ビットコイン キャッシュの価値の成熟と取引に対する報酬を提供する機能も、デジタル キャッシュの市場価値を押し上げています。日本、米国、欧州諸国などの発展途上国は、人々のデジタル通貨への傾向を示しており、これが今後数年間の仮想通貨市場の成長を促進すると予想されています。

抑制要因


仮想通貨の悪用とセキュリティ攻撃により、仮想通貨の導入が制限される

仮想通貨は無許可、分散型、制御不能な交換プラットフォームであるため、多くの規制当局は犯罪者による違法行為への悪用が増加していることを懸念しています。脱税、マネーロンダリング、テロ資金供与などの多くの違法行為が犯罪者によってデジタルマネーを使用して実行されていることが確認されています。 2019年7月、スティーブン・ムニューシン財務長官は、フェイスブック社の特許を取得したデジタル通貨リブラがテロ資金供与者やマネーロンダリング業者による悪用について懸念を表明した。さらに、セキュリティ上の懸念の高まりやサイバー攻撃により、投資通貨の損失が発生し、仮想通貨の採用が制限されています。

たとえば、2020 年 2 月には、Okex.Com と Bitfinex 企業のデジタル通貨交換プラットフォームがサービス拒否攻撃により妨害されました。このようなセキュリティ上の懸念とデジタル通貨の悪用は、業界の成長を阻害する大きな要因となっています。

犯罪者やテロリストは、銀行などの金融仲介機関を利用したり、マネーロンダリング防止の報告やコンプライアンス規制を回避したりするよりも、現金を取引したり、現金を担保として保管したりする傾向があります。企業や政府は、デジタル通貨送金の匿名性と分散化の性質により、犯罪者が自分たちの金融活動を当局から隠す手段となるのではないかと懸念するようになりました。たとえば、ビットコインはシルクロードと呼ばれるウェブベースの違法薬物市場で使用されました。この取引所とビットコイン エスクロー プログラムにより、2011 年 1 月頃から 2013 年 10 月までの間に 100,000 件以上の違法商品取引が許可され、その後政府は同社を閉鎖し、プラットフォーム運営者を拘束しました。

仮想通貨の犯罪的使用が自動的にブロックチェーンがコミュニティにとってマイナスであることを意味するわけではありません。ブロックチェーンの利点は、仮想通貨によって可能になる犯罪性の増加による社会的費用を上回る可能性があるからです。法執行機関は、法執行を阻止するためにデジタル通貨の使用を最小限に抑える可能性があります。暴力を訴追する法執行機関の能力に加えて、政府はデジタル通貨交換を犯罪行為の監視に関連する法律に制限する権利を有します。

セグメンテーション


成分分析による


最大の市場シェアを獲得するハードウェア部門

コンポーネントに基づいて、世界市場はソフトウェアとハ​​ードウェアに分割されています。

ハードウェア セグメントは、グラフィック プロセッシング ユニット (GPU)、フィールド プログラマブル ゲート アレイ (FPGA)、特定用途向け集積回路 (ASIC) などのプラットフォーム タイプに基づいてさらに分類されます。ハードウェアセグメントは、Bitmain Antminer S9i、Halong Mining DragonMint T1、Pangolin Whatsminer M3X、Avalon6 などの暗号通貨マイニングおよび交換用に実装されたハードウェアで構成されます。 ASIC マイニング ハードウェアは、主に特定のコインをマイニングする際の高いパフォーマンスと高いハッシュ レートにより、最大のシェアを保持すると予想されます。

ソフトウェアセグメントは、マイニングソフトウェア、取引所ソフトウェア、支払い、ウォレットなどにさらに分類されます。暗号化ソフトウェアの例には、BeMine、ECOS、Shamining、CCG Mining などが含まれます。取引所ソフトウェアは、デジタル通貨デリバティブによるオファーと取引所を接続するための単一インターフェイスである取引エンジンを使用します。このプラットフォームはユーザーのマッチング、販売、購入に使用されており、市場で最大のシェアを保持しています。取引所プラットフォームの大幅な分散により、世界的に市場が拡大する可能性があります。一方、ウォレットはハードウェア ウォレットでもソフトウェア ウォレットでも構いません。ソフトウェアウォレットまたはデジタルウォレットは、主にセキュリティの強化により採用されると見られています。秘密キー保護機能に対するユーザーの制御に応じて、デジタル ウォレットはセルフホスト ウォレットまたはカストディアル ウォレットとして再度分類されます。

タイプ別分析


最大シェアを考慮したビットコインの採用

種類に基づいて、市場はビットコイン (BTC)、ライトコイン、イーサ、リップル、イーサ クラシックなどに分類されます。

その中でも、ビットコインは市場で非常に普及しているデジタル通貨です。 2017年にドイツ銀行AGが発行したレポートによると、ビットコインは最も使用されているデジタル通貨の1つであり、今後数年間その優位性を維持するだろう。会計、投資、スマートコントラクトや分散型アプリケーションの確立に使用できる仮想通貨であるイーサも、市場で人気のある仮想通貨です。市場では、イーサは緩やかなペースで拡大すると予測されています。

同様に、リップルは社債の検証に使用されます。リップルで確立されたネットワークは、ネットワーク内の各ユーザーがアクセスできる債権者と債務者の関係と口座残高を生成します。ライトコインの技術的な実装はビットコインと同じですが、ビットコインよりも4倍高速であるという利点があり、ビットコインは今後数年間で市場をリードすると予測されています。 Dogecoin、Moneor、Dash などの他の暗号通貨も市場の成長に大きく貢献しています。

最終使用分析による


当社のレポートがビジネスの改善にどのように役立つかを知るには、 アナリストと話す


暗号通貨は主に送金に採用され、CAGR が急増すると予想されます

市場は最終用途に基づいて、取引、電子商取引と小売、ピアツーピア支払い、送金に分類されます。

トレーディングが最大の市場シェアを獲得しました。このセグメントは、Pionex、Cryptohopper、Bitsgap、Coinrule など、取引に使用される暗号ソリューションに焦点を当てています。電子商取引および小売企業は、支払いオプションとして暗号通貨を受け入れ始めています。たとえば、2019 年 9 月、バーガーキング レストラン チェーンのドイツ支店は、オンライン配達と注文の支払いとしてビットコインを受け入れました。

デジタル決済における仮想通貨の浸透は、国境を越えた送金に影響を与えると予想されます。この金融機関は、今後数年間で市場を牽引すると予想されるブロックチェーン テクノロジーに向けて取り組んでいます。

地域に関する洞察


North America Cryptocurrency Market, 2020 (USD Million)

この市場の地域分析の詳細については、 無料サンプルをリクエストする


地理的には、市場は北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東とアフリカ、ラテンアメリカの 5 つの主要地域に分割されています。

北米の仮想通貨市場規模は、2020 年に 2 億 7,300 万米ドルと評価され、2021 年から 2028 年にかけて 10% の CAGR で成長しています。北米は 2020 年に 33.02% のシェアを獲得し、世界市場を独占しました。ほとんどの地域でビットコインが通貨ではなく税務上の交換媒体として扱われていたため、2020年の世界市場で最大のシェアとなった。政府はこの事実を法的に規制していませんが、多くの先進国は依然としてデジタルマネーの使用に重点を置いています。小売業者だけでなく消費者によるデジタル キャッシュの受け入れが市場の成長を促進します。さらに、ビットコイン マイニングの人気と主要プレーヤーの大部分の存在により、北米市場が支配されています。

さらに、日本と台湾におけるいくつかの技術開発と一部のプラットフォームでの仮想通貨の受け入れにより、アジア太平洋地域の市場が大きく盛り上がると予想されています。主要企業による戦略的コラボレーションやパートナーシップも、アジア太平洋地域の市場に貢献しています。例えば、2020年1月、Z Corporation, Inc.とTaoTao, Inc.は、日本市場における規制遵守を確認することで仮想通貨市場を拡大するため、金融庁と協力すると発表した。日本は最近、新型コロナウイルス感染症の流行下で新たなデジタル通貨交換を受け入れた。同様に、マレーシア証券委員会は、コロナウイルスのパンデミックによる国家封鎖にもかかわらず、デジタル通貨交換業者が国内で営業することを法的に認可した。新型コロナウイルス感染症の流行の影響により、特定の経済圏ではこの市場が成長する機会が生まれる可能性があると予想されます。

ヨーロッパ、中東、アフリカ (MEA) の多くの国も、暗号通貨の導入に向けたアプローチを示しています。ヨーロッパと中東・アフリカ地域も、予測期間中にアジア太平洋地域に続いて大きな成長率を示すと予測されています。

当社のレポートがビジネスの改善にどのように役立つかを知るには、 アナリストと話す


UAE とドバイは中東におけるブロックチェーン開発の最前線にあり、バーレーンとサウジアラビアは最近デジタル キャッシュの受け入れに向けた措置を講じています。 UAE はオープン台帳ソリューションを導入しています。 2017年末、UAEの中央銀行は、サウジアラビアの中央銀行であるサウジアラビア通貨庁(SAMA)と協力して、両機関と一部の商業銀行が利用できるデジタル通貨を創設すると宣言した。迅速かつ安全な決済。この地域の金融サービス企業は、決済、サプライ チェーン、金融、取引、監視、コンプライアンス、運用などの分野でブロックチェーン テクノロジーの導入から多大な利益を得る可能性がある企業の 1 つです。

主要な業界関係者


製品提供に注力し、暗号マイニング ソリューションを立ち上げる主要企業

Bitmain Technologies Ltd.、Xilinx, Inc.、Intel Corporation、Advanced Micro Devices, Inc.、Ripple Labs, Inc.、Bitfury Group Limited.、Ledger SAS、Nvidia Corporation、BitGo、Xapo などの市場で事業を展開している企業、とりわけ、さまざまな種類のマイニング ハードウェアおよびソフトウェア ソリューションの開発と提供に重点を置いています。また、市場での激しい競争により、企業は市場での地位を強化するためにさまざまな戦略的取り組みに注力する必要があります。


  • 2021 年 6 月 – デジタル資産管理会社の NYDIG は、NCR Corporation と提携して、信用組合と 650 の銀行が暗号通貨を購入できるようにしました。この取り組みは、サードパーティ取引所を通じてデジタルマネーを購入している NCR 銀行の顧客からの消費者の需要に応えるものです。


プロファイルされた主要企業のリスト:



  • Bitmain Technologies Ltd. (中国、北京)

  • ザイリンクス社 (米国カリフォルニア州)

  • インテル コーポレーション (米国カリフォルニア州)

  • Advanced Micro Devices, Inc. (米国カリフォルニア州)

  • Ripple Labs, Inc. (米国カリフォルニア州)

  • ビットフューリー グループ限定。 (アムステルダム、イギリス)

  • Ledger SAS (フランス、パリ)

  • Nvidia Corporation (米国カリフォルニア州)

  • BitGo (米国カリフォルニア州)

  • Xapo (スイス、チューリッヒ)


主要な業界の発展:



  • 2020 年 1 月 – Binance.com は、インドのムンバイに拠点を置く WazirX ビットコイン取引所を買収しました。この買収により、Binance.com はインドでの事業ポートフォリオの拡大に重点を置いています。 Binance.com は Fiat Gateway プラットフォームの特許を取得しており、WazirX のピアツーピア (P2P) エンジンが統合され、Tether または USDT の購入による Binance.com のデジタル通貨の取引が容易になります。



  • 2021 年 3 月 – Visa Inc. は、イーサリアム ブロックチェーン上で暗号決済を直接処理し、新しいサービス決済として導入することを目指しています。この重要な取り組みにより、同社は金融業界の支払い方法として暗号通貨を受け入れることを目指しています。


レポートの対象範囲


この市場レポートは、市場の詳細な分析を提供します。主要企業、製品業界、主要なマイニング ソフトウェアおよびハードウェア ソリューションなどの重要な側面に焦点を当てています。これに加えて、このレポートは仮想通貨市場の動向に関する洞察を提供し、主要な業界の動向に焦点を当てています。前述の要因に加えて、レポートには、近年の市場の成長に寄与するいくつかの重要な要因が含まれています。

レポートの範囲と分割





















































って


属性


詳細


学習期間


2017 – 2028


基準年


2020 年


推定年


2021 年


予測期間


2021 – 2028


歴史的期間


2017 – 2019


ユニット


価値 (100 万米ドル)


セグメンテーション


コンポーネント別。タイプ;最終用途;と地域


コンポーネント別



  • ハードウェア

    • FPGA

    • ASIC

    • GPU

    • その他 (ペーパーウォレット、ウェブウォレットなど)



  • ソフトウェア

    • マイニング ソフトウェア

    • 交換ソフトウェア

    • ウォレット

    • 支払い

    • その他 (Vault、暗号化など)





タイプ別



  • ビットコイン

  • エーテル

  • ライトコイン

  • 波紋

  • イーサ クラシック

  • その他 (Dogecoin、Moneor、Dash など)



最終用途別



  • 取引

  • 電子商取引と小売

  • ピアツーピア支払い

  • 送金



地域別



  • 北米 (コンポーネント、タイプ、最終用途、国別)

    • 米国(エンドユース別)

    • カナダ (エンドユース別)



  • ヨーロッパ (コンポーネント、タイプ、最終用途、国別)

    • ドイツ (最終用途別)

    • イギリス(エンドユース別)

    • イタリア (最終用途別)

    • フランス (最終用途別)

    • ロシア (エンドユース別)

    • ヨーロッパのその他の地域



  • アジア太平洋 (コンポーネント別、タイプ別、最終用途別、国別)

    • 中国 (最終用途別)

    • 日本 (エンドユース別)

    • オーストラリア (最終用途別)

    • インド (エンドユース別)

    • 東南アジア (最終用途別)

    • その他のアジア太平洋地域



  • 中東とアフリカ (コンポーネント別、タイプ別、最終用途別、国別)

    • GCC (エンドユース別)

    • 南アフリカ (最終用途別)

    • その他の中東およびアフリカ



  • ラテンアメリカ (コンポーネント別、タイプ別、最終用途別、および国別)

    • ブラジル (最終用途別)

    • メキシコ (最終用途別)

    • ラテンアメリカのその他の地域





よくある質問

Fortune Business Insights によると、世界市場は 2028 年までに 19 億 250 万米ドルに達すると予想されています。

Fortune Business Insights によると、2020 年の市場規模は 8 億 2,660 万ドルでした。

市場は、予測期間(2021年から2028年)中に11.1%のCAGRで成長すると予想されています。

コンポーネントに基づいて、ハードウェアが市場をリードすると予想されます。

ビットコインの普及の増加は、市場成長の重要な推進力の 1 つです。

Bitmain Technologies Ltd.、Xilinx, Inc.、Intel Corporation、Advanced Micro Devices, Inc.、Ripple Labs, Inc.、Bitfury Group Limited.、Ledger SAS、Nvidia Corporation、BitGo、Xapo は、市場のトップ企業の一部です。

この取引は主要な市場シェアを占めています。

さまざまな市場に関する包括的な情報をお探しですか?
専門家にお問い合わせください

専門家に相談する

以下は、市場規模の推定や市場エコシステムの理解のために調査される企業のリストです

このリストは、以下のすべての企業がレポートに掲載されているという意味ではありません。このレポートには、収益/市場シェアに基づいて上位 10 社のプレーヤーのみのプロフィールが含まれています。

<オル>
  • Advanced Micro Devices, Inc.(レポートで紹介)
  • アルケマイナー
  • アンチアー ソリューションズ Pvt. Ltd. (レポートでプロファイルされています)
  • バベルファイナンス
  • Binance (レポートでプロファイルされています)
  • ビットアクセス
  • ビットコイン スイス AG
  • ビットフューリー グループ
  • ビットゴー
  • ビットメイン
  • ビットペイ
  • Bitso (レポートでプロファイルされています)
  • ブロックファイ
  • ブロック名
  • ブルーベンクス
  • BTL グループ
  • カナンクリエイティブ
  • Coinbase (レポートでプロファイルされています)
  • コインチェック株式会社
  • 共インデックス
  • コインプラス
  • コインラビット
  • コイントラッカー
  • コニオ
  • 暗号化
  • 仮想通貨市場(レポートでプロファイル)
  • クリプトリーグ
  • エントロピー
  • EQIFI
  • イーサリアム株式会社
  • フローデスク
  • FTX
  • アイフィネックス
  • アイフィネックス
  • インテル コーポレーション(レポート内でプロファイルされています)
  • カシオ
  • レジャー SAS
  • マトリックスポート
  • ネクソ
  • NVIDIA Corporation (レポートで紹介)
  • リフトファイナンス
  • リピオ(レポート内でプロファイルされています)
  • リップル(レポートでプロファイル)
  • ロビンフッド
  • セコイア
  • ワジルX
  • ザポ
  • Xcapit (レポートでプロファイルされています)
  • ザイリン株式会社
  • ジグル
  • ジニャリ
    • 2017-2028
    • 2020
    • 2017-2019
    • 140

    この調査をパーソナライズする

    • 特定の地域やセグメントに関する詳細な調査
    • ユーザーの要件に応じた会社概要
    • 特定のセグメントまたは地域に関連するより包括的な洞察
    • ニーズに基づく競合状況の内訳
    • その他の特定のカスタマイズ要件
    Request Customization Banner

    クライアントの声

    “私たちは貴社の社内研究チームのプロフェッショナリズムと研究レポートの質に満足しています。 同様のプロジェクトで一緒に働けることを楽しみにしています”

    - ドイツの大手食品会社のひとつ

    “このような徹底的かつ包括的なレポートを作成してくれたチームワークと効率性に感謝します。 提供されたデータはまさに私たちが探していたものでした。 ありがとう!”

    - 直感的な外科手術

    “誠実さと柔軟性の点で、フォーチュン ビジネス インサイトをお勧めします。 とても丁寧な対応で、質問にもすぐに答えてくれただけでなく、調査報告書作成時の細かな要望にも誠実かつ柔軟に対応していただきました。 当社は、長期的な関係を築くに値する調査会社として評価しています。”

    - 日本の大手食品会社

    “フォーチュン ビジネス インサイト、よく頑張りました! レポートはすべてのポイントを網羅しており、非常に詳細でした。 将来一緒に働けることを楽しみにしています”

    - ジーリングメディカル

    “皆さんと一緒に仕事をするのは素晴らしい経験でした。 Fortune Business Insights の尽力と迅速な対応に感謝します。”

    - インドの大手精密機械部品メーカー

    “Fortune Business Insights と協力して素晴らしい経験をしました。 レポートは非常に正確で、私の要件を満たしていました。 ビジネスの戦略を立てるのに役立ったので、全体的なレポートに非常に満足しています。”

    - ヒューレット・パッカード

    “これは、Fortune Business Insights から購入した最近のレポートに関するものです。 研究チームの素晴らしい仕事と素晴らしい努力です。 また、継続的なサポートを提供し、非常に包括的で網羅的なレポートをまとめてくれたバックエンド チームにも感謝したいと思います。”

    - グローバル経営コンサルティング会社

    “Fortune Business Insights のチーム全員に心からの感謝をお伝えください。 これは非常に優れた作品であり、今後の私たちにとって非常に役立ちます。 私たちは、将来どこからビジネス インテリジェンスを入手するか知っています。”

    - 英国に本拠を置く医療機器分野のスタートアップ企業

    “マーケットレポートとデータをお送りいただきありがとうございます。 非常に包括的であり、まさに私が探していたデータです。 あなたとあなたのチームの適時性と対応力に感謝しています。”

    - 防衛産業最大手の企業のひとつ
    私たちはあなたの経験を向上させるためにクッキーを使用しています. このサイトに引き続きアクセスすることにより、Cookie の使用に同意したことになります. プライバシー.
    X